新米テニスベッター向けの最高のベットタイプ5選

テニスベッティング

国のスポーツブックは、ベッティングと収益が何百万ドルにも上ることを3か月ごとに報告しています。一番人気の賭けはNFL、MLB、NBA、NHLなどのリーグ。ですがATPWTA、ITFのテニスの賭け市場は、ほぼすべての同じプラットフォームを介してアクセスできます。ルールに関して曖昧なためにテニスラインの賭けに慎重になっているなら、この記事こそあなたに必要なものです。

マネーラインの賭け

新米ベッターにとって、このタイプの賭けほどシンプルなものはありません。マネーラインの賭けは、単に誰が勝つのかということに賭けるものです。マネーラインが「慣れる」ことができるのは、数学計算の中にあります。例えば、プレーヤーAさんが-200のマネーラインがあり、プレーヤーBさんが+140だとします。これは、Aさんが本命、Bさんが負けそうな人です。Aさんの場合、100ドル勝つたびに200ドルのリスクがあります。ベッターが1,000ドル賭けたら、500ドル勝つという感じです。Bさんの場合は100ドル賭けるたびに、勝った場合に140ドル獲得するという意味です。

セットベッティング

このタイプの賭けは、マネーラインよりも若干複雑です。セットベッティングは、誰が試合に勝つかというひとつのことだけではなく、何セット取るかということにも賭けます。この例では、2-0または2-1とは、2セットストレートで、またはセットカウント2対1で勝つプレーヤーを選んでいるということを表します。このタイプの賭けには正確な結果を選ぶ必要があるので、試合の勝者だけを選ぶよりもオッズが良いことに気づくことがよくあります。マネーラインと同じように、不随するペイアウトは同じような仕組みです。ですから、ジョコビッチが2-0で勝つことに賭けた場合には、100ドルごとに120ドル獲得するというリスクになります。

セットスプレッドの賭け

他のスポーツでは、スプレッドまたはひとつのチームが対戦チームを破る固定の点数でゲームに賭けるのが一般的な方法です。これに慣れているなら、セットスプレッドの賭けは、そのテニスバージョンです。セットスプレッドラインに賭ける時には、本命のプレーヤーは、示されているセット数以上を取って負けそうな方を倒す必要があります。つまり、負けそうな方が有利なスタートを切ると考えましょう。

ゲームスプレッドの賭け

この類のベッティングでは、テニスの知識以上のことが必要です。テニスでは先に6ゲーム取ったら1セットを取ります。ですが、最低2ゲームの差をつけてセットを取る必要があります。ですからゲームカウントが6-5になったら、7ゲーム目を取って7-5でセットを取らなければなりません。セットでゲームカウントが6-6でタイになったら、7ゲーム目のタイブレークを制した方がセットを取ることになります。

プレイしたゲーム数の上/下

このタイプの賭けでは、ベッターはプレーヤーの勝ち負けを気にする必要はありません。スポーツブックはゲーム数を組み合わせてラインをセットし、試合の勝ち負けを競うものではありません。ですから、ベッターは、事前に決定するゲーム数よりもプレイされるゲーム数が多い(上)のか、少ない(下)のかを選択します。例えば、試合が6-3、7-5で終わったとします。その場合には、合計で21ゲームプレイされたことになります。事前に決めた上/下のプレイゲーム数が20.5の場合、「上」に賭けていればベッターは勝ち、「下」に賭けていれば負けとなります。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *